HOME
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

 QCOVID-19パンデミックの最中に避妊については安全なのでしょうか?
A.もちろんです。COVID-19パンデミックであろうがなかろうが、すべての近代的避妊法は安全に使用することができます。仮に、あなたがこの6か月以内に出産した、あるいは、糖尿病、高血圧、乳がんなどの健康上の問題を抱えているのであれば、また喫煙者であるならば、どのような避妊法であれば安全に使用できるかについてかかりつけの医療機関などに尋ねてください。 

Q.とにかく、COVID-19パンデミックの間は妊娠を避けたいのです。どうしたらいいですか?
 A. 妊娠を望まないのであれば、あなたが選択した避妊法を開始するあるいは継続することです。具体的な相談があれば、かかりつけの医療機関、または日本家族計画協会が開設している『思春期FPホットライン』(祝祭日を除く、月曜日から金曜日の10時から16時まで、03-3235-2638)にお問い合わせください。

Q.「ステイ・ホーム」を守っていることもあって、今使っている避妊法を入手できません

A.近くの薬局・ドラッグストアやコンビニでコンドームを購入するのがひとつ。ピルや緊急避妊薬については、オンライン診療が始まっていますので、『Dr北村が推奨する緊急避妊薬・低用量ピル処方施設検索サイト』から医療機関を探し出して直接連絡を取ってみてください。


 Q.COVID-19パンデミックが起こっている中で、一番いい避妊法は何ですか?
A.近代的避妊法であれば妊娠を回避するのに役立ちます。あなたとあなたのパートナーは、それを入手する方法があるはずです。一番いい避妊法とは、妊娠する側にある女性が主体的に使える方法です。

 コンドームは意図しない妊娠やHIVを含む性感染症予防には役立ちますが、男性の協力が不可欠です。

  緊急避妊薬は性交後72時間以内に服用することで妊娠を95%ほど回避できる方法です。

 Q.今使っている避妊法を変更したいのですが。可能ですか?
A.可能です。かかりつけの医療機関や近くの薬局などに相談してみてください。もちろん、「思春期・FPホットライン」でも相談を受け付けています。

 

COVID-19パンデミックにある今ですが、子宮内避妊具(IUD)を除去したい、あるいは交換する時期が迫っています。どうしたらいいですか?
A.わが国で使用されているIUD/IUS(ミレーナ)は一応5年で交換することになっています。しかし、多少の期間延長があっても効果を急激に下げるわけではありませんので、かかりつけの医療機関に相談してみてください。

 

 

本来ですと、指導者のための避妊と性感染症予防セミナーのご案内がお手元に・・・
の時期なのですが、150人規模の研修会をどのように開催するか思案中デス
今年のテーマ「SDGsから見るリプロダクティブ・ヘルスの課題」をお届けするために
通常?オンライン?など模索しつつ、あれやこれやと情報収集いたしております

今月末からスタートの予定でしたが、お目にかかれるのは少し先になりそうです
北村邦夫所長スタッフも元気です!どうぞご安心下さい。再会を楽しみにしつつ!

しばし更新をお休みいたしておりました
10年以上愛用したPCが突然機能停止したのと同じタイミングでの猛暑突入で
ワタクシ自身の思考回路もなんだか不調、体温に近い気温にバテておりました

過ごしやすい気候になり、気分を上げるべく大好きなミッキー&ミニーを相棒に、
ブログ再開!することにいたしました!(^^)!ヨロシクお付き合いくださいませ

ナント10年以上愛用したパソコンさんが壊れまして。。。(そもそも10年以上も使うか!)
突然電源が入らなくなり、ブログの更新もままならず1か月が経ってしまいました

新しいPCを購入し、お久しぶりの更新は、北村邦夫所長NHK出演のニュース(''_'')
Eテレになってからワタクシ個人的に好きな番組が増えたのですが、コチラは老舗です

夏休み特集 解決!体と心のお悩み相談と題し、今月30日には「避妊の悩みに答えます」
翌日の31日は「人には聞けない性感染症対策」と2日連続で登場することになりました

いずれも20時30分~で再放送は避妊が8月6日、性感染症が8月7日の13時40分~デス

元NMB48の須藤凜々花ちゃん(華奢で可愛い子だったと鼻の下長し)との共演です
NHKテキスト8月号ご購入の上、よく喋る出演者と併せご覧いたくと、楽しさ倍増かと!

昭和29年の設立当初から、毎月1号も欠かさず発行されているJFPA機関紙
「家族と健康」が4月号からカラー、しかも読みたいページにすぐ飛べることに

北村邦夫の連載「ピル承認秘話」やエッセイ「ようこそ市谷クリニックへ」など
読んでいただきたい企画も新たにスタートしています!どうぞご覧下さい

家族と健康へのページはこちら→http://www.jfpa.or.jp/paper/

平成30年度「指導者のための避妊と性感染症予防セミナー」の8か所のスケジュールが確定しました
内容が盛り沢山で1か所だけでは物足りないカモ。旅行を兼ねて複数回の参加もお勧めデス!

詳細は本会HP(http://www.jfpa.or.jp/seminar/20180526_147_154_SRH.pdf)をご覧下さい
またこの笑顔が(↑)皆さまをお待ちいたしております。まずは5月の仙台会場でお目にかかります!

9月1日より、JFPAでは『葉酸PLUS』を発売開始!続々と医療機関から注文をいただいておりマス
胎児の神経管閉鎖障害を予防するために、妊婦や妊娠を希望する女性に国も推奨する栄養素デス
最近の研究で葉酸が嚥下反射を改善することから誤嚥性肺炎予防としても着目されています

多くのサプリは通販が主流ですが、JFPA葉酸PLUSは医療機関でのお取り扱いのみなのが特徴
ご希望あれば医療機関にJFPA葉酸PULSとご用命を!1か月分は3,500円(希望価格)!(^^)!

サプリを買うついでに医者に気になることを相談、検査受けちゃお!なんて良いと思いません?!

スタッフの家から車で5分。今年も恒例となりました北杜市明野サンフラワーフェスタが始まりました
(公式ホームページはコチラをクリック)


いくつかの会場に分かれているのですが、先週末に満開だったのは第7会場だけ・・・・
それでも集まった観光客からは歓声が上がり、これが全会場開花したらどれほどに!!

第9会場は「絵文字」どうやら音符らしい。「展望台」(第5会場)「迷路」(第14会場)とお楽しみアリ


ヌー・・・と顔を覗かれるように間近でご対面、迫力も凄いケド、ちょっと照れちゃうなぁ~デス。

見ごろは8月上旬からでしょうか!高速道路も駐車場ももちろん会場も混雑覚悟で是非!!

 

国連総会で、2012年12月12日にユニバーサル・ヘルス・カバレッジを国際社会共通の目標とすることが
決議されたことを記念して昨年から12月12日を「ユニバーサル・カバレッジ・デー」とすることになりました

『誰もが、どこでも、お金に困ることなく、自分の必要な質の良い保健・医療サービスを受けられる
状態を実現するよう世界に呼び掛ける日』です。日本にいると当たり前のサービスですなのですが、
世界には診療所に半日以上かけて歩く、診療を受けることで身の危険を感じてしまう・・まだまだ
そんな状況が続いている国がたくさんあるのだそうです。協力といってもこの日をPRするくらいデス

今週JFPAのスタッフはバッジをつけて協力中。年が入っていないからずっと使えます。これはアイディア!??

北村邦夫所長が相談相手として頼りにしているのが、精神科の米沢宏センセ

合唱団に所属してド゙イツに演奏旅行したり、年末は第9を歌うって話は以前から聞いていましたが!

ついにソロで舞台に立つことになりました。しかもオーディション勝ち抜いて堂々のステージです

スキーもプロ級の腕前だし!この方にはゴルフ始めるようお勧めしない、所長とスタッフなのです

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»