HOME
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 101 | 102 | 103 || Next»
今日は私のカワイイ
ボーフレンドをご紹介いたします

右の?いーえ左のカレです。
おちんちん外来での診察を終えて、安堵の表情をパチり。
若い、わかーい男のたちに囲まれて・・・月に一度のお楽しみでございます。

あ、ちなみにお隣は泌尿器科の岩室紳也先生です
null
(掲載許可はいただいたのですが、あまりに真正面なのでお目目を隠しました)

こちらは少しお兄ちゃん。余裕が感じられます。3月13日に卒園式を迎え、4月から小学校1年生です。
null

私を取り巻く・・・いえクリニックにやって来るメンズは0歳から93歳まで年齢層がひろいのです。
投稿者: jfpaadmin
普段、何してるんですか?とよく聞かれるというお話は以前にしましたね。
診療、取材、そして今日ご紹介するのは、クリニックが企画するセミナーです。
『指導者のための避妊と性感染症予防セミナー』と題し毎年テーマを絞って開催しています。
平成21年度は「日本で一番受けたい授業」。診療だけでなく講演などでも活躍してる講師陣から最新情報や講演技術を学びました。
北は北海道から南は沖縄まで、全国8カ所で実施しました。助産師、保健師、養護教諭を中心に参加者総数1,209人。

null

今年度最後の開催地大阪会場の様子です。定員オーバーでしたが、講師、受講者双方の熱意に会場の狭さを忘れることができました。
平成22年度も開催することが決定しています。テーマなど詳細が決まったらお知らせします。
北村所長とこのブログを担当しているスタッフが毎回会場に参りますので(^o^)是非会いにいらして下さい!! J
投稿者: jfpaadmin
クリニックでピルの処方を受ける場合、初めてのときは7,350円。
これは問診、血圧測定、医師の診察(服用できるかの判定のためで、お話だけで終わることがほとんどです)それに1ヶ月分のピルの費用です。
半年以上服用すれば、指導料の軽減があり割安になります。1回の受診でお渡するピルの数は自由に決めていただけるのですが、多くの方は6か月分で12,600円に落ち着きます。つまり1ヶ月分が2,100円となるわけです。

null

学生など若い方にとって、12,000円を用意するのは大変なことです。
「二人で話し合って、毎月1.050円づつ封筒に入れることにしました!」そう言いながら半年に1度、受付カウンターで1000円札と50円玉を12枚ずつ置いていくカップル。
ある大学生は1日分だと70円,「飲むたびに毎日貯金箱に入れてます」と。さすがに両替してきてくれますが・・・
みんな頑張れ~!!!
クリニックの最年長スタッフは 松本清一先生 御年93歳でございます。
(社)日本家族計画協会の会長でもあります

戦後、無月経を訴える女性の多さから、ストレスと月経の関係を研究することに
以来「月経」と向き合い・・うーん70年くらいということでしょうか。

null

趣味はカメラ、この写真も数枚のダメ出しの末OKをいただきました。
元気の秘訣をうかがうと、三食しっかり食べる、よく寝る、歩くことだそうです。

今でも関連する学会などには積極的に参加されていますので、お声掛け下さいませ!

カテゴリー: 総合 on JFPA Clinic Blog
投稿者: jfpaadmin
週末帰省した際に写した富士山の写真です。東海道新幹線から見るのとは反対側です。
null

朝と夕、晴れと曇りでも顔が違います。
null

こちらは八ヶ岳、富士山と向かい合っています。麓には有名な観光地清里があります。
null

実家は富士山を南側、八ヶ岳を北側にする位置にあります。
この八ヶ岳から吹き下ろす北風を地元では「八ヶ岳おろし」と呼び、『八ヶ岳おろしにこの身を鍛え』
と校歌だったか応援歌の一節にありましたが応援団に激励されなくても、身も心も引き締まるほど寒いのなんの。
お伝えできないのが残念。

写真がうまく撮れたら・・四季折々の美しい景色をお届けできると思います。

投稿者: jfpaadmin
コピーを使おうと操作パネルをのぞくと画面が薄い!故障か?
そーいえば、ここ数日こんな状態だった気がするし、劣化かもしれない?
null
と思いを巡らせながらメンテナンスをお願いしている、担当Aさんに電話。

null
で・・・到着後3秒で作業は終了。あっという間に正常画面に戻りました

操作パネルの液晶画面の濃淡を調節するダイヤルを誰かが触ったために、機械としては忠実に
「薄く」表示していただけなのでした。
null

コンセント差し込まずに、スイッチが入らず壊れたと騒いでいるようで
なんともお恥ずかしい次第でございました。

それにも拘わらず担当Aさん、修理ならぬ掃除を丁寧に施し、笑顔で帰っていかれました。
(「笑うしかなかった」のかもしれない)
null
ごめんねAさん










投稿者: jfpaadmin
クリニックの開設は週2回(火曜日、金曜日)と第2土曜日。

よく聞かれるんです・・・「普段何やってるんですか?」

今日は外来以外のお仕事のひとつ、雑誌の取材を受けました。
(株)講談社さんの『週刊現代』
テーマはこれもクリニックの仕事である、3,ooo人の男女を対象にした全国調査
「第4回 男女の生活意識に関する調査」の結果を参考にして『日本人の性大研究』
8日(月)発売予定だそうです。

null

クリニックスタッフにカメラを向けられて照れる記者のMさん。後ろ姿はカメラマンOさん。





投稿者: jfpaadmin
節分といえば豆まきですが、ここ数年「恵方巻きの丸かぶり」が定着しつつあります。その年の恵方(今年は西南西)を向いて、願い事を心の中で唱えながら、無言で太巻き寿司を食べきるのだそうです。福が逃げるから途中で喋ったり、太巻きを切ってはいけないのだとか。

そこで、長さ15㌢の恵方巻きを購入
null

早速クリニックを代表して、北村所長が挑戦!(^_^)v 『皆が健康で、幸多き一年でありますよーに!』
null



クリニックのドアを開けると、ポチくん(たぶんコリー犬)と、ルドルフくん(たぶんトナカイ)がお出迎えしてくれます。
婦人科受診で緊張気味にやって来る女性たちを癒すマスコットです。

null

カテゴリー: 総合 on JFPA Clinic Blog
投稿者: jfpaadmin
耳より情報や、クリニックを身近に感じていただける話題を提供していきたいと思っています。
よろしくお願いいたします!

初日の今日はまずはご挨拶ということで・・・北村所長のとびっきりの笑顔をお届けいたします。

null

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 101 | 102 | 103 || Next»